不動産投資コラム

オーナー様がよく不安に感じる事

不動産売却は一般の方は人生に一度あるかないかだと思います。

そのため、不動産売却をしようと思う時に不安な事も数多くあると思います。

その不安が少しでも解消される様に、オーナー様によく不安だと言われる事をいくつか選出して解説していこうと思います。

オーナー様が不安に感じる事その①

媒介書へのサイン
売却をする時、どこの不動産会社にするか決めたら媒介書にサインをします。
売買が始めてなオーナー様からすると、媒介書にサインをしたら物件を売らなければいけないんじゃないかなど不安に思われる方が多くいらっしゃいます。
媒介書は簡単に説明すれば物件をお預かりしているという紹介状の様なものです。
また、役所などにオーナー様の代わりに資料を取りに行く際に委任状の代わりなどにも
使わせて頂きます。
媒介書は3ヶ月間の有効期限がありますので、3ヶ月が過ぎればその媒介書は無効になります。(媒介書には3パターンございますので媒介の種類はしっかりとご確認のうえサインして下さい)

オーナー様が不安に感じる事その②

ちゃんと不動産会社は動いてくれているのか。
オーナー様からすれば不動産会社に自分の大切な資産を預けているわけですから、不安に思うのは当たり前です。
媒介書の種類にもよりますが、専任媒介、専属専任媒介には報告義務があります。

※専任媒介…2週間に一度の報告義務  ※専属専任媒介…1週間に一度の報告義務があります。

オーナー様が不安に感じる事その③

騙されてるんじゃないか
不動産会社は日本だけでも数えられないほどの会社があります。
中には悪徳な不動産会社が存在する事は否定できません。
しかし、だいたいの不動産会社はしっかりとお預かりしている大切な物件を1円でも高く売却できるように日々動いております。
何社かに査定をお願いした時に金額のばらつきがあるのはその会社の得意エリアかそうでないか、会社の強みに合ってる物件なのかどうなのかによっても変わってきます。
なので、金額にズレがあったとしても一概にも騙されてると判断できるかと言われると難しいところです。
そのため、媒介にサインする前にしっかりと信頼して任せられる会社なのかどうなのか判断する必要があります。
もしも、媒介にサインをしてしまった後に不信感を感じる様でしたら3ヶ月間何も動かずに媒介が無効になるまで待ちましょう。

いくつかオーナー様が感じる不安をあげてみました。
この他にも数多く不安を感じる事があると思います。
なにか不安を感じた際には1人で抱え込まずに担当に相談しましょう。

民泊の転貸可能物件をお探しなら、物件数No1の部屋バルへ!
03-6453-6656
営業時間:10:00-19:00
定休日:不定休

部屋バルLINE公式なら最速!!

優良物件情報を最速配信!
人気エリアの民泊物件・転貸許可物件や非公開物件多数。

友だち追加

-不動産投資コラム

セミナーお申込み

Copyright© 部屋バル , 2021 All Rights Reserved.