資料ダウンロード

スタッフ日記

2021.04.09

売主から直売物件を購入するデメリットはある?

物件の売主直売とは、物件の所有者と購入希望者が直接交渉して売買を行う事です。

不動産の売買は一般的には不動産仲介会社に仲介してもらう事が多いのですが、売主直売で直接不動産の持ち主から購入することも出来ます。売主直売は売主が営業活動をおこなう人間を雇用していたり、売主自身が不動産業者といった事が多いです。

売主直売物件のメリットとしては、仲介手数料がかからない事。これに惹かれる方は多いのではないでしょうか?

そしてもう1つ挙げられるとすると、不動産会社を通さずに売主とやりとりができるため、問い合わせに対するレスポンスがスムーズです。

この2つは買主としては、かなり魅力的なものに感じると思いますが、不動産売買はそんなに簡単ではありません。

今からデメリットである部分も述べてみようと思います。

売主直売は買主にも専門知識が必要になってきます。

売主直売は売主が不動産の知識を持っている不動産関連の業者であるケースが多いです。そういった場合、買主が不動産の知識がないとなると取引の結果、トラブルが発生したり、買主が損をしてしまうケースが多くなります。

知識がなければ交渉もしづらい為、専門知識が必須になるというのはデメリットだと言えるでしょう。

売主直売は値引きが難しい。

不動産業者に仲介してもらって不動産を購入する場合、仲介業者が値引き交渉をしてくれる事もあります。仲介手数料の上限は定められていますが下限は定められていないため、極端な話をすると仲介手数料0円でも法律上はなんの問題もありません。

しかし売主直売の場合、売主と直接交渉することになるため、値引きをしてもらいにくいというデメリットがあります。

売主直売では契約書が売主独自の書式になります。

売主直売では、売主が用意した契約書や重要事項説明書を利用することになります。それ自体には問題はないのですが、売主独自の書式では客観的な視点に欠けていることがあるため注意が必要です。

売主直売では売ることだけを考えている売主が多い。

売主直売は不動産仲介会社という第三者を挟まないため、客観性に欠けます。また、基本的に自社物件を売ることを念頭に置いている相手と交渉をおこなうことになります。

そのため、交渉が上手くいかなかったり、トラブルに発生したりするケースもあります。

売主にも買主にも不動産知識がしっかりある場合、直売物件はそんなに難しくはないかもしれませんが、不動産知識があまりなく、「仲介手数料がない」「間に不動産を入れないからスムーズに話が進む」と、いった事だけに目を向けてしまうと、後々後悔してしまうかも?しれません。

近隣相場を把握したり、専門用語を調べたりする事は可能ですが、やはり物件を取り扱っているプロ(不動産会社)に、お願いする事が一番トラブルもなく、結果スムーズに事が進むでしょう。