不動産投資コラム

私道持分による建直し売却困難

道路は大きく分けて「公道」と「私道」にわかれます。公道とは地方自治体が管理している道路の事を言います。私道個人民間企業が所有し管理ている道路です。

私道の所有形態は「分筆」と「共有持分」の2つになります。
多くは、共有持分という形です。
共有持分では私道全体の面積のうち、〇〇〇分の〇〇というように所有権を持分で登記します。

その他に、古い分譲地などでは、私道を分筆し、宅地の所有者がそれぞれ私道部分を所有していることもあります。そういった場合、必ずしも自分の土地の目の前の私道部分を所有できるとは限らず、私道部分をアトランダムに所有する事もあります。

公道でも私道でも道路幅が2m以上接していれば、建直しや、再建築はできます。

ですが、法的には建築が問題なくできる敷地だとしても、接している私道に持分を持っていないと、建築の工事を行うことができない事があります。

私道では、維持管理も個人の責任と負担で行うので、複数の人が共同所有している私道が傷んだ路面、道路に埋設している水道管や下水管が老朽化してしまった場合などは、私道の所有者が共同して補修や交換などを行っています。

そのため、私道の持分を持っていない人が、いざ建物を建替えしたり、上下水道管の引込みをしたりしようとする場合、勝手に道路を掘削したり、工事車両を通行させる事は出来ないのです。私道の持分を持っている所有者全員から「道路掘削承諾書」や「通行承諾書」をもらう必要があります。

私道の持分を持っている近隣の人たちとの関係が良好であれば、承諾書を得ることも可能なのですが、多くの場合は、多額の承諾料を要求されます。また、近隣との仲が良くない場合などは、様々な理由で承諾が得られないケースもあります。そうなると、せっかく建築の許可を得ることができても、工事自体ができなくなってしまいます。

建築やメンテナンスができない不動産では、売りに出しても買う人がいないということになってしまう為なかなか売却が難しくなってしまいます。道路は大きく分けて「公道」と「私道」にわかれます。公道とは国や地方自治体が管理している道路の事を言います。私道は個人や民間企業が所有し管理ている道路です。

私道の所有形態は「分筆」と「共有持分」の2つになります。
多くは、共有持分という形です。
共有持分では私道全体の面積のうち、〇〇〇分の〇〇というように所有権を持分で登記します。

その他に、古い分譲地などでは、私道を分筆し、宅地の所有者がそれぞれ私道部分を所有していることもあります。そういった場合、必ずしも自分の土地の目の前の私道部分を所有できるとは限らず、私道部分をアトランダムに所有する事もあります。

公道でも私道でも道路幅が2m以上接していれば、建直しや、再建築はできます。

ですが、法的には建築が問題なくできる敷地だとしても、接している私道に持分を持っていないと、建築の工事を行うことができない事があります。

私道では、維持管理も個人の責任と負担で行うので、複数の人が共同所有している私道が傷んだ路面、道路に埋設している水道管や下水管が老朽化してしまった場合などは、私道の所有者が共同して補修や交換などを行っています。

そのため、私道の持分を持っていない人が、いざ建物を建替えしたり、上下水道管の引込みをしたりしようとする場合、勝手に道路を掘削したり、工事車両を通行させる事は出来ないのです。私道の持分を持っている所有者全員から「道路掘削承諾書」や「通行承諾書」をもらう必要があります。

私道の持分を持っている近隣の人たちとの関係が良好であれば、承諾書を得ることも可能なのですが、多くの場合は、多額の承諾料を要求されます。また、近隣との仲が良くない場合などは、様々な理由で承諾が得られないケースもあります。そうなると、せっかく建築の許可を得ることができても、工事自体ができなくなってしまいます。

建築やメンテナンスができない不動産では、売りに出しても買う人がいないということになってしまう為なかなか売却が難しくなってしまいます。道路は大きく分けて「公道」と「私道」にわかれます。公道とは国や地方自治体が管理している道路の事を言います。私道は個人や民間企業が所有し管理ている道路です。

私道の所有形態は「分筆」と「共有持分」の2つになります。
多くは、共有持分という形です。
共有持分では私道全体の面積のうち、〇〇〇分の〇〇というように所有権を持分で登記します。

その他に、古い分譲地などでは、私道を分筆し、宅地の所有者がそれぞれ私道部分を所有していることもあります。そういった場合、必ずしも自分の土地の目の前の私道部分を所有できるとは限らず、私道部分をアトランダムに所有する事もあります。

公道でも私道でも道路幅が2m以上接していれば、建直しや、再建築はできます。

ですが、法的には建築が問題なくできる敷地だとしても、接している私道に持分を持っていないと、建築の工事を行うことができない事があります。

私道では、維持管理も個人の責任と負担で行うので、複数の人が共同所有している私道が傷んだ路面、道路に埋設している水道管や下水管が老朽化してしまった場合などは、私道の所有者が共同して補修や交換などを行っています。

そのため、私道の持分を持っていない人が、いざ建物を建替えしたり、上下水道管の引込みをしたりしようとする場合、勝手に道路を掘削したり、工事車両を通行させる事は出来ないのです。私道の持分を持っている所有者全員から「道路掘削承諾書」や「通行承諾書」をもらう必要があります。

私道の持分を持っている近隣の人たちとの関係が良好であれば、承諾書を得ることも可能なのですが、多くの場合は、多額の承諾料を要求されます。また、近隣との仲が良くない場合などは、様々な理由で承諾が得られないケースもあります。そうなると、せっかく建築の許可を得ることができても、工事自体ができなくなってしまいます。

建築やメンテナンスができない不動産では、売りに出しても買う人がいないということになってしまう為なかなか売却が難しくなってしまいます。道路は大きく分けて「公道」と「私道」にわかれます。公道とは国や地方自治体が管理している道路の事を言います。私道は個人や民間企業が所有し管理ている道路です。

私道の所有形態は「分筆」と「共有持分」の2つになります。
多くは、共有持分という形です。
共有持分では私道全体の面積のうち、〇〇〇分の〇〇というように所有権を持分で登記します。

その他に、古い分譲地などでは、私道を分筆し、宅地の所有者がそれぞれ私道部分を所有していることもあります。そういった場合、必ずしも自分の土地の目の前の私道部分を所有できるとは限らず、私道部分をアトランダムに所有する事もあります。

公道でも私道でも道路幅が2m以上接していれば、建直しや、再建築はできます。

ですが、法的には建築が問題なくできる敷地だとしても、接している私道に持分を持っていないと、建築の工事を行うことができない事があります。

私道では、維持管理も個人の責任と負担で行うので、複数の人が共同所有している私道が傷んだ路面、道路に埋設している水道管や下水管が老朽化してしまった場合などは、私道の所有者が共同して補修や交換などを行っています。

そのため、私道の持分を持っていない人が、いざ建物を建替えしたり、上下水道管の引込みをしたりしようとする場合、勝手に道路を掘削したり、工事車両を通行させる事は出来ないのです。私道の持分を持っている所有者全員から「道路掘削承諾書」や「通行承諾書」をもらう必要があります。

私道の持分を持っている近隣の人たちとの関係が良好であれば、承諾書を得ることも可能なのですが、多くの場合は、多額の承諾料を要求されます。また、近隣との仲が良くない場合などは、様々な理由で承諾が得られないケースもあります。そうなると、せっかく建築の許可を得ることができても、工事自体ができなくなってしまいます。

建築やメンテナンスができない不動産では、売りに出しても買う人がいないということになってしまう為なかなか売却が難しくなってしまいます。

民泊の転貸可能物件をお探しなら、物件数No1の部屋バルへ!
03-6453-6656
営業時間:10:00-19:00
定休日:不定休

部屋バルLINE公式なら最速!!

優良物件情報を最速配信!
人気エリアの民泊物件・転貸許可物件や非公開物件多数。

友だち追加

-不動産投資コラム

今すぐ電話

Copyright© 部屋バル , 2021 All Rights Reserved.