不動産投資コラム

売却にかかる必要な時間と売却成立までの流れ

媒介の特徴

戸建の売却平均的な期間として3〜11ヶ月程と言われています。

あくまでも平均的な期間なので売却方法や売却金額によってはもっと早い段階で売却できる事もありますし、一年以上かかってしまう事もあります。

売却活動を行う時には、まず「媒介契約」を不動産会社と結びます。

媒介は3ヶ月の期間ですが、基本的にはこの3ヶ月で売却ができるように不動産会社も動きます。

家の売却を急いでいない方でもあまり時間をかけてしまうと売却がうまくいかなくなってしまう事があります。

ネットに長い時間、同じ物件があると、購入を検討している方がいたとしても、なにか問題があるんではないかとその物件を避けてしまうケースがよくあります。

家を売却しようと行動し始めたら時間をできるだけかけない方が良いと言えます。

家の売却を早くする方法としては、

①相性の良い不動産会社と媒介契約を結ぶ事

不動産会社は数多くありますが、行う業務に特段の違いはありません。どういった形で売却したいかによってその売却方法に強みを持った不動産会社に依頼するのが良いでしょう。
また、大事なご資産なので信頼のおける不動産会社にお願いする方が良いです。

②物件の相場を知る

物件の相場を知る事によって、高すぎる金額設定にしてしまう事や安く買い叩かれる事が回避できます。

③決断はできるだけ早くする

大切なご資産ですので、なかなか決断するのを躊躇してしまう事があると思いますが、決断を誤ってしまうと、できる売却もできなくなってしまう事があります。

売却の流れは以下の通りになります。

仲介業者を決める(媒介を結ぶ)

売却活動

売買契約

決済(引き渡し)

この流れを媒介期間の3ヶ月で終わらせる事が理想です。
それには、不動産会社とオーナー様との信頼関係や協力関係も重要になってきます。

是非、売却活動をする際には不動産会社と一緒に頑張って売却活動を行ってみて下さい。

民泊の転貸可能物件をお探しなら、物件数No1の部屋バルへ!
03-6453-6656
営業時間:10:00-19:00
定休日:不定休

部屋バルLINE公式なら最速!!

優良物件情報を最速配信!
人気エリアの民泊物件・転貸許可物件や非公開物件多数。

友だち追加

-不動産投資コラム

セミナーお申込み

Copyright© 部屋バル , 2021 All Rights Reserved.